ゲイのドラマはお好き?

春のTVドラマはゲイものラッシュ。昨年NHKで放送された「弟の夫」や「おっさんずラブ」など同性愛にスポットを当てた作品が話題になっていたのですが、週に3本はちょっとリアルゲイの立ち位置から観てもお腹いっぱいです。

「きのう、何食べた?」は原作コミックをずっと読んでいたので特に違和感はなく。

古田新太主演の「俺のスカートどこいった?」はゲイで女装家(リアルゲイはそんな言い方しないが)が学校の先生という奇天烈な設定。ドタバタコメディだけど脚本がとっ散らかっている感じ。笑うにはいいがちょっとゲイ設定を力技で使い過ぎかな。もう少し話数を重ねたら違った印象になるかも。

「腐女子、うっかりゲイに告る。」はゲイの心情を丁寧に書き出している感。割と自分の学生時代にもリンクする部分は多く共感できるドラマになりそうな展開。「俺スカ」のあとに観ると実に正統派にみえます。

でもねぇ、ノーマルなラブドラマが行き詰まってしまったからと言って同性愛ものにシフトするのもあまりに芸がないと思うのですよ。ゲイが夢中になる普通のドラマを作って欲しい。キワモノは2年に一本で充分よ!(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です