今更ですが。

昨年11月公開の「ボヘミアンラプソディー」を知人宅で観ました!海外版でも4K対応なら日本語吹き替え/字幕対応って💦

クィーンというバンドのことは知っていたし物語の構成も想像通りではあったけれど、このゲイに寛容なご時世だから作れたのかなぁと思う映画でした。

ゲイ寄りの立場からいうとやや物足りない感もありましたが、描かれてない部分は容易に想像できるしノーマルな方々にはあれ以上の説明はいらないでしょうね。あの程度に留めておいてよかったんじゃないかな?

フレディが若くして亡くなった事は残念ですが愛する人に看取って貰えたのはむしろ幸せだったと思います。実に羨ましい限りです!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です